本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

業務実績の例 RESULTS

3.都市計画道路の整備効果検証及び新設に併せた周辺交通運用方針検討

概要

都市計画道路の整備効果検証
(都市計画道路整備に伴う信号の運用変更案の検討、無信号交差点の優先、非優先の運用検討)

規模

範囲(縦×横):700m×900m
交差点数:13箇所(うち信号交差点8箇所)
対象時間帯:平日朝夕ピークそれぞれ1時間程度

現況再現性の確認

@区間平均所要時間(路線バス)

ケース設定

計画道路整備前後

利用場面

警察協議用資料として活用

ポイント

交通実態調査を実施し、インプットデータを作成。
路線バスの区間所要時間を計測(ナンバープレート調査)し、パラメーターの調整に利用。

シミュレーション

この業務のシミュレーション動画をご覧になりたい方は画像をクリックして下さい。





VISITOK活用術TOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :