本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

業務実績の例 RESULTS

10.バス運行改善施策の検討

概要

バスの定時性確保のための方策として専用レーンの設置や降車時間短縮、自動車交通の減量化などの施策を設定し、その効果と影響を交通シミュレーションを活用して検証

規模

範囲(縦×横):1400m×550m
信号交差点:4箇所
対象時間帯:平日朝夕ピークそれぞれ3時間程度

現況再現性の確認

@区間平均所要時間

ケース設定

交通量5%減、右折バス専用化、降車改善、右折現示延長、時差式信号、等

利用場面

結果をインターネット上に公開し、意見募集

ポイント

空撮により動画を撮影し、バスの到着台数や右折の捌け台数などを照合

シミュレーション

この業務のシミュレーション動画をご覧になりたい方は画像をクリックして下さい。




VISITOK活用術TOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :