本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

業務実績の例 RESULTS

13.建設工事による規制時における交通影響評価(建設工事施工分野への適用)

概要

建設工事による規制を実施した場合の道路交通に対する影響を予測した。

規模

範囲(縦×横):1000m×100m
信号交差点:1箇所、その他:規制箇所1箇所(片側交互通行)
対象時間帯:平日深夜帯6時間(21:00〜翌3:00)

現況再現性の確認

不要

ケース設定

規制開始時刻が2パターン(ケース1:22時規制開始、ケース2:24時規制開始)

利用場面

協議用資料

ポイント

評価の的を2点に絞り(規制区間手前の滞留台数と、規制時の旅行時間)、シミュレーションのインプットデータを必要最低限に抑え、短期間で資料を作成した(全工程3週間弱)。




VISITOK活用術TOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :