本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

効果的な活用例Examples

2.公共交通改善施策の評価ツールとして

  • 公共交通改善施策を検討する場合、バス事業者及び利用者、自動車利用者、警察、行政など、多くの関係者の意見調整が必要です。
  • そして、施策評価では、それぞれの関係者の視点に合わせた評価指標の作成が必要です。特に、バス利用者や自動車利用者からは、専門家でなくても理解できる資料の作成が求められます。
  • また、評価指標の作成ツールは、道路改良や交通運用だけでなく、優先レーンや優先信号など公共交通特有の施策を考慮できるものでなければなりません。
  • 下図に示す事例は、バス路線の混雑などを背景に速度が低下しているバス運行の改善施策の検討に交通シミュレーションを適用したものです。
  • 交通シミュレーションは、施策実施による変化をアニメーションで確認できるので専門家でなくても理解しやすいという特長があります。
  • また、渋滞や信号待ちの影響を反映させたより適切な旅行時間を推計できることや優先レーンや優先信号など公共交通特有の施策を評価できるなど、従来手法にはない特長を備えています。このような特長をもつ交通シミュレーションは、公共交通改善施策の評価に最適のツールといえます。
     



一つ前のページへ戻る


VISITOK活用術TOPへ

     

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :