本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

VISITOK活用術Practical Use

VISITOK活用術

VISITOKで再現できる交通現象の例やお薦めの活用例、業務実績を紹介します。
クリックするとそれぞれについて概要をご覧いただけます。

■再現可能な交通現象の例 ■効果的な活用例
1. 道路事業評価の際の便益算定ツールとして
2. 公共交通改善施策の評価ツールとして
3. 社会実験の予備検討や交通まちづくりツールとして
4. アクセシビリティ評価ツールとして
5. 地球環境(CO2)評価ツールとして
6. 渋滞対策検討ツールとして
7. 関係機関の協議ツールとして
8. 地区交通計画への適用
9. 歩行者ネットワーク整備による便益算定
10. 渋滞対策の検討
11. 道路・街路事業評価
12. 交通影響評価
13. LRT導入に伴う影響検証
14. 大規模開発影響評価
15. フリンジパーキング
16. 踏切除却の影響予測
17. 評価指標の作成
18. 片側通行規制の影響評価
■業務実績の例
1. 市民参加型交通まちづくり
2. 再開発に伴う駅前地区交通計画
3. 都市計画道路の整備効果検証及び新設に併せた周辺交通運用方針検討
4. 都市計画道路の供用に伴う国道交差点の改良協議
5. 公共地下通路整備による効果検証
6. 国道BPにおける一部区間の車線増設効果の検証
7. 都心街路の車線減少に伴う影響検討
8. 下水道工事に伴う影響検討
9. 交通社会実験の予備検討
10. ミクロ交通シミュレーションを活用したバス運行改善施策の検討
11. 都心・ウォーターフロントの交通計画の検討(大規模ネットワークへの適用)
12. 連立立体交差事業の影響検証(大規模ネットワークへの適用)
13. 建設工事による規制時における交通影響評価(建設工事施工分野への適用)


一つ前のページへ戻る


VISITOKポータルサイトTOP

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :