本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

小ネタ集交通量

膨大な数の経路を入力したい

通常、経路データの入力はVSSで行います(経路の入力についてはこちらを参照)。
しかしネットワークの規模が大きくなると、経路の数も膨大なものになります。たとえば約4000本(※弊社実績)の経路を1本ずつ入力していくのは大変な作業です。
そこで、市販の交通量配分ソフトを活用します。
シミュレーションと同じネットワークIDで配分用ネットワークを作成し、配分で出力される経路データをVISITOKの経路データ(SourceData)の形式に変換します。
そうすることで、入力にかかる手間を大幅に削減することができます。









小ネタ集一覧へ

小ネタ集TOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :