本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

小ネタ集交通量

入力経路のチェック&修正

交通量を現況の実測値に合わせようとする際、経路のチェックと修正は不可欠な作業です(交通量の作成については起終点と経路の同時決定マニュアルにこだわる理由と再現精度を参照)。
その際、交通量配分ソフトを活用し、調整にかかる手間を省くことができます。
ネットワーク単位の状態で経路のチェックと修正を行うと、セクション(車線レベル)単位で調整する場合に較べ、変更データ数が大幅に削減できます。
また、入力経路を一目で確認できるのも、交通量配分ソフト活用の利点の一つです。









小ネタ集一覧へ

小ネタ集TOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :