本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

小ネタ集交通現象の再現法

実測値との相関係数

現況再現性の確認にはいくつか方法があります。
交通量の再現性を確認したいときには、実測値との相関係数で確認することもできます。
特に、確認したい箇所数が多いときや、規模の大きなネットワークのとき、この方法は便利です。



※シミュレーションのインプットとして与える交通量(インプット交通量)と、シミュレーションで流れる交通量(シミュレーション推計値)は異なります。シミュレーションでは、インプット交通量がランダムに発生しているからです。車両の発生をランダム化する理由についてはこちら(【小ネタ集】車両発生間隔をランダム化する理由とは?)をご参照ください。






小ネタ集一覧へ

小ネタ集topへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :