本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

小ネタ集一覧表

小ネタ集一覧

小ネタ一覧
モデルの作成法 背景図 ・背景図には航空写真がおすすめです
・背景図の作図にはGISの活用がおすすめです
・道路部分は作図した方がいい?
・なるべく手間をかけずに道路部分を作図するには?
・こんな背景図もできます
ネットワーク&セクション ・ネットワークの描き順
・ネットワークの路線番号
・ネットワークの形
・セクションを描く前にチェックしたいこと
・セクションってなに?
・セクションはこう描く
・GIS上で入力すると正確に描ける
信号&横断歩道 ・信号モデル
・横断歩行者モデル
・信号現示の設定
・踏切への応用 
交通量 ・交通量データの役割
・車両発生間隔をランダム化する理由とは?
・精度にご用心
・起終点の数を絞る
・起終点と経路の同時決定
・マニュアルにこだわる理由と再現精度
・膨大な数の経路を入力したい(交通量配分ソフトの活用)
・入力経路のチェック&修正(交通量配分ソフトの活用)
・広域ODパターンとシミュレーションのOD表
その他 ・経路の描き方
・経路を入力するときに注意したいこと
交通現象の再現法 現況再現 ・交通現象にはゆらぎがあります
・ゆらぎは交通渋滞のシグナル
・特異値にご用心!
・調整方法の例(右折台数の調整法)
・調整方法の例(実験的アプローチ)
・現況再現性評価指標とその収集方法
・実測値との相関係数
渋滞現象  ・交通シミュレーションを使って渋滞を再現する
 ・渋滞を直接観察することが難しい理由
 ・交通シミュレーションによる渋滞再現原理
 ・特殊箇所の現象再現例(ランプ合流区間)
 ・特殊箇所の現象再現例(勾配区間)
織り込み現象  ・織り込み現象
 ・織り込み現象再現の設定方法
狭幅員・すれ違い時の速度低下  
その他  
結果の活用法 録画&再生 ・シミュレーション結果を詳しく見たい
・速度による色分け表示
Simulatorでできる基本的な集計 ・リンク平均速度を図化する
・リンク交通量を図化する
・VehicleとTravelの話
FlowAnalyzerでできるチョット高度な集計 ・位置・速度・加速度
・滞留台数の集計
業務への応用 ・交通渋滞の複雑なメカニズムを解明する
・交通まちづくりの合意形成ツールとして活用する
・LRT導入によるモビリティ改善効果の検証
・踏切除却による効果分析に活用する
・渋滞時間のグラフ化
その他  









小ネタ集 TopPage へ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :