本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

VISITOK構成ソフト VISITOK Simulator

VISITOK Simulator

交通シミュレーションの演算実行

  • VISITOK Simulatorは、シミュレーションの演算を実行するためのソフトです。 実行画面は、実行・停止、時刻、画面の移動と拡大・縮小などの操作ボタンをすべてサイドバーに集約し、直観的でシンプルなデザインを採用しています。

  • VISITOK Simulatorには、入力データの登録・管理のための専用ソフトとして、 VISITOK Project が同梱されています。 シミュレーションの実行に必要な、多種の入力データをセットする際のミスをなくし、任意のタイトルを付して一元的に管理するのに便利なソフトです。
    例えば、既往の実行ケースの入力データのうち一部を変更して新規の実行ケースのデータセットを作成する場合にも、 既往プロジェクトデータの読み込み(LORD)→変更データの指定→新規プロジェクトのタイトルを入力して保存(Save)のわずか3ステップで完了です。

  • シミュレーション結果は、テキスト形式のファイルでも出力されます。 出力様式は定型の2種類で、これらを使って発生台数や発生間隔、経路別交通量、特定時刻の交通量、セクション単位の旅行時間・速度等の集計ができます。なお、公共交通を扱う場合は2種類の専用様式が追加されます。
    任意の時刻の車両位置、速度、加速度が必要な場合には、VISITOK Recorder&Player に付属する
    VISITOK FlowAnalyzer をご利用ください。車間距離や滞留台数の集計や騒音・排ガスの予測などに利用していただけます。

    VISITOK Simulatorの出力様式(一般車)




    VISITOK Simulatorの出力様式(公共交通)




戻る

VISITOK構成ソフト&サービスTOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :