本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

ビデオで紹介するVISITOK機能と利用法

ほぼすべての動画にナレーションが付いています

※ YouTube でご覧いただけます( をクリック!)

 ミクロ交通シミュレーションの機能
 基本機能
 例1 交通量の時間変動を反映する
 例2 先詰まりの再現・予測
 VISITOKについて
 動作原理
 位置づけ
 交通現象再現例(インターチェンジ)
 交通現象再現例(信号交差点)
 入力データ
 ソフト&サービス
 VSS(VISITOK Support System) の紹介
VSSについて
VSSによるデータ作成
 現象再現力を活かす便利な機能
   (VISITOK Simulation Player)
 VISITOK活用例
渋滞要因の分析
特殊区間における交通容量の算定
右折交通対策の検討
駅前広場計画
公共交通計画
地区交通計画        
歩行者ネットワーク整備の便益算定
 VISITOKの活用方法   
 VISITOKの得意技
 ユニット統合型データ作成法の紹介
ユニット統合型データ作成法とは?
活用のメリット
お薦めの活用法
 ミクロ交通シミュレーションと現況再現
 交通量データ作成法
 VISITOKによる交通現象の再現
バス停車時の車両の速度低下
駐停車による車両の速度低下
大規模駐車場の出入交通による影響
交差点における渋滞
渋滞のネットワークへの伝播
踏切による容量低下        
公共交通の再現とLRT導入効果の予測



戻る

VISITOKポータルサイトTOPへ

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :