本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

技術開発の話題TECHNICAL TOPICS

VISITOKを活用し交通シミュレーション技術の開発・実用化に取り組んでいます。このコーナーでは、弊社の取り組み事例を使って進化する交通シミュレーション技術をご紹介します。交通シミュレーション利用の可能性や有効性を検討する際の参考にしてください。 

今回のテーマ

交通シミュレーションは、車両の動きを再現・予測する精緻さを備えています。その特性を活かせる分野は沢山ありますが活用は進んでしません。
そこで、適用が難しいとされていた大規模ネットワークへの適用と、適用が進みそうで進まない建設工事分野への適用の二つの話題を取り上げます。
このうち、建設工事分野への適用については、『月刊推進技術』(2013年7月号、特集 ここまで進化した推進技術)に、『路上工事による影響の最小化』という投稿をさせて頂いております。

大規模ネットワークへの適用拡大 建設工事分野への適用拡大
交通シミュレーションを、大規模なネットワークに適用できれば、既往の方法で検証が難しいとされてきた短時間の交通量変動や先詰まりによる渋滞の検証が容易になります。
そこで、事例をもとに、大規模ネットワークへの適用の課題とそれらを克服するための工夫について紹介します。
建設工事における工法や施工計画、交通規制等の検討では、交通に対する影響に配慮することが不可欠とされていますが、交通シミュレーションの適用はそれほど進んでいません。
そこで、交通規制の検討事例をもとに、交通シミュレーション適用の工夫と有効性について紹介します。



 

  VISITOKポータルサイト TOP

     

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :