本文へスキップ

交通まちづくりと交通シミュレーションの技術をご紹介します

技術開発の話題TECHNICAL TOPICS

テーマ2〜建設工事施工分野への適用拡大〜

  • 建設工事分野への適用の要請
     ・維持管理へのシフトが進む中で既設道路の改良や占用工事に伴う路上工事も増加傾向にあります。

    ・これに対して、合理的な工法や施工計画、交通規制の方法を検討し、渋滞損失を最小化することが必要です。

    ・交通シミュレーションを使えば、路上工事で想定される時間帯規制や車線規制、片側交互通行規制等のあらゆる規制をモデル化し影響を検証できます。

    ・しかし、建設工事分野における交通シミュレーションの適用はなかなか進みません。そこで、ここでは要求に従って1か月という短期間で交通規制案に対する所見をまとめた事例を紹介します。

    ・問題をクリア―にし状況に応じた使い方を工夫することによって、交通シミュレーシのコストパフォーマンスが高まり、建設工事分野への適用が進むことが期待されます。
  • 効果的な活用例

    建設工事分野への適用拡大が有効なシーンをご紹介します。

  • 適用事例

    建設工事分野へ適用した具体的な事例をご紹介します。

    片側通行規制の 影響評価下水道工事に伴う 影響検討





  VISITOKポータルサイト TOP

ナビゲーション

バナースペース


ご質問などは

E-mail :